WiFi - Direct  peer-to-peer Printing 

Reference Sites

QualityLogicサイト

PCLm Functional Test Suite

PCLm FTSターゲットプリンタ仕様
HP Color LaserJet Pro M254dw

PCLm FTSシステム構成

・Windows 10推奨

・ラスターイメージ処理に相応しい CPU

・1GB以上メモリー

・4GBフリースペスHD

・Apple Bonjour Print Services必須

・IPPTool Utilities込み

​・IPPとPCLmインプリメントのプリンタ

無償評価版をご希望の方は

下記へ

​​お問い合わせ

クオリティロジック ロゴ

PCLm FTS

ビデオ

チュ-トリアル

(英語)

PCLm 概要

PCLmはWiFi-Direct印刷のため、複数の端末間で通信を行うアーキテクチャの仕様に定義された重要なラスターフォーマットの一つです。PCLmラスターフォーマットはPDF標準規格のサブセットであるため、ローエンドコンシュマプリンターは最小限のリソースを費やしてPCLmベースのページをアクセスする事が可能になる。

WiFi-Direct対応のプリンターは、mDNSなどの技術を駆使してプリンター検出し、またIPPはモバイルクライアントからプリンター機能(ページサイズなど)をクエリし、プリントジョッブと一定の構成したプリンター属性をプリンター側に送ることが可能になる。

PCLm FTS特徴

テストシナリオを変更や構成可能

PCLm FTSはターゲットプリンタの対応能力に合わせてプリンタをクエリし迅速にテストケースを定義する

消耗する用紙の数量を少量化にし、工時の短縮、費用の節約、資源を重視などをもたらす

容易にバッグ隔離と改善

多種多様な用紙メディアサイズ対応

A4, A5, JIB-B5, Letter, Legal, Executive, JIS-B4, SRA3, A3, 11x18, 11x17, Oficio, Folio, Statement, hagaki, DL Env, C5 Env, B5 Env, 7 ¾ Env, 9 Env and 10 Env sizes.

PCLm FTS主な機能:


・ターゲットプリンタを自動検出、またはカスタマURLにより接続。

・プリンタの詳細IPPログメッセージを表示。

・テストケースをプレビューし、目的別に用意した状態でテスト実行可能。

・PDF ViewerによりPCLmドキュメントをプレビューできる。

・テストケースをタッグで分類しバッチ処理可能。
・テスト進行状況と印刷時間を表示。

・ドロップダウンメニューによりデフォルトテストケースの属性を大幅で選択可能。
・独自のイメージをテストケースに追加可能。

・デバッグ用にPCLmテストケースをファイルに印刷可能。

・バッチ処理後のログメッセージをグループ化表示

・イメージを ¼ サイズで指定、またイメージの隅々までドレフト印刷が可能のゆえにトナーの節約が図れる。

・テストケースの用紙サイズを制限することによりメディアサイズ上で重複印刷が可能。

PCLmテストケース概要


QualityLogic Functional Test Suiteは、PDFのサブセットであるPCLmの仕様範囲でラスタードキュメントを定義し、また様々のメディアサイズとプリンター設定特性と合わせてプリンターが順調にPCLm処理に支障がでないように必要なテストケースを備えた。 

PCLm FTSのテストケースはそれぞれ特定のPCLm或いはIPP属性に対応する。テストケースに定義されていない属性も、優れたIPP機能を駆使してプリンタのキャッパを引き出すようにドロップダウンメニューにより制御可能。例として、各種のstrip heightsを実行する時にドロップダウンメニューから異なったメディアサイズやソースソリューションなど必要なセッテイングを選択すれば実行可能です。

テスト範疇全般は以下の通り:

| Strip height

| Compression and color space

| Default values

| Key values

| Page tree variation

| Page object and strip stream definition

| Size limits

| Non-abort conditions

| Raster back side

| Default printer description attributes

| Resolutions supported

| Media supported

| Orientation

| Color modes supported

| Invalid PCLm content | Non-streamable content

| Invalid versions

PCLm  F T S