Reference Sites

其の他のT30/T38 Faxテスト製品

標準規格サイト

T.38 (or RTP/G.711)

FaxLab 9

200以上の競合機種をシミュレートするPCベースのテストシステム

DataProbeの納品内容

・DataProbeソフトウェアDVD
・DataTrap Key DVD

・ ユーザスガイド

・外付きユニットDataTrap一台

 HASP Key (USB dongle)

 ケーブル一式

システム構成

・Windows 10/8.x/7

・PC with 2GHz CPU or higher

・1GB RAM or higher

・4GB Disk space

・CD-ROM or DVD drive

・Dual Ethernet NICS

​​お問い合わせ

DataProbe T30-T38

DataProbe特徴

QualityLogic DataProbe T30-T38アナライザは、フ ァックス呼がT.38ゲートウェイを経由する時に、T.30 メッセージとT.38パケット内容を監視・分析するツー ルです。このマルチノードの通信回線テストツールを利 用して、通信障害を素早く切り分ける事が出来ます。

製品構成


DataProbe は、WパソコンにインストールされているWindows 上で動作するソフトウェアアプリケーションです。トラフィックモニタリングは、DataTrapという単体ハードウェア装置で行われます。DataTrapは、ファックストラフィックモニターし詳細に分析します。DataTrapはファックスや通信ゲーウェイユニット、あるいは公衆網やアナログスイッチの間に置き、送受信するファックスユニット間の通信をモニターし、レポートします。DataProbe ソフトウェアは、TCP/IP経由で一つ以上のDataTrapを制御することができます。DataTrapは、標準的なRJ-11端子経由で、テスト中の装置またはネットワークに接続します。DataProbeがDataTrapを制御するのと同様に、トラフィックの生成はオプションのFaxSendユーティリティが利用する一つ以上のChannelTrapを用いることにより行われます。DataProbe は、キャプチャした全てのファックスプロトコルデータとメッセージ内容を示す、優れた、非常に使いやすいインターフェースを備えています。全体的な内容から、ビットレベルまでファックス呼を一気に見ることができます。信号、データ形式およびバイト情報などを説明するITU-T T.30ヘルプが搭載し、標準と関連づけて、呼の障害を理解することがきわめて楽になります。オプションのFaxSendユーティリティーを利用して、DataProbeは変更可能なファック呼の送受信を行うこと、特定のテストシナリオを実行すること、プロトコル違反をレポートすることが可能になります。

DataTrap特徴

・非干渉通信モニターとデーターキャップチャー

・通信品質表示(Figure of Merit)

・TCP/IPにより遠隔操作

・IPネットワーク上で管理と測定

​・通信設定の可視化

《備考》
■DataProbeはPDSNR (Post Detection Signal to Noise Ratio)モジュレーション品質を測定しグラフで表示する。
DSNRの値が28dB~30dBの場合、通常ページデコードが行われますが、その最適値は30dB以上。


■V.34 Partial Pageの為の推奨入力レ
ベルは-11dBmです。-15dBm以下の値の場合、ページ内容が失われる可能性がある。


■DataProbe T.30は、30msの解析キャパで、通信タイミング分析を実行する。

DATAPROVE 製品概要

 V.34をサポート・FAXプロトコルアナライザー
DataProbeは、研究開発、品質保証およびフィールドサービスのための複数回線対応の通信回線テストツールです。これによってDataProbeの受動的モニターとプロトコル分析機能に関するファックス・インターオペラビリティ障害を素早く特定することができます。
T.30分析機能を持つ第二世代のV.34対応テスト製品
インターオペラビリティ障害解決の為の時間を節約
ファックス呼について全体像からビットレベルまで直感的に把握することが可能
モニタリングと分析の為のファックス送受信設定 (オプションのFaxSendユーティリティーが必要)
オプションFaxSendユーティリティーを利用して、DataProbeはファックスシステムをテストするために、既知の特徴と異なる負荷を持つトラフィックを生み出すことができます。ハードウェアを遠隔配置できるシステムによって、ファックス通信システムのエンドツーエンドのテストを単純化し、より素早く、通信ネットワークに起因する障害を特定します。

 

T.30ファックス関連機能

パスワード、下位アドレス指定とV.34変調 の使用を含む2003 ITU-TT.30 勧告に対応 ファックス呼の監視。最高33.6kbpsまで(一 つのDataTrapにつき) T.4、T.6、T.30、T.81とT.85に対する準拠の ポストコール分析 オプションで用意されているFaxSendユティ リティを利用して既定のファックスページ の送受信が可能 HDLCフレーム分析とデータデコーディング T.30ヘルプシステム 全T.30対応解像度におけるT.4、T.6、T.81と T.85(MH、MR、MMR、JBIG、JPEG)デー タのデコードとデータ表示 JBIGデータ表示 V.34および解像度が200x200の場合におけ るJPEGデータ表示 ページ内容を見るためのビットマップビュ ーア搭載。

 

T.38 IP関連機能

 

ファックス通信の間、使われる呼管理プロ トコル(H.323、SIP、ASN.1)の内容と構造の を記録とレポート ファックス呼(T.38、UDP、TCP、RTP、UD PTLパケット冗長性とFEC)を扱う間、到 着したパケットおよび生成されるパケット を記録 到着・生成の内容や時間によって、ファッ クス呼のメッセージとパケットを関連づけ る T.30メッセージとT.38パケットの内容と構 造を相関させて、分析し、レポートする T.38メッセージおよびT.30メッセージとの 相関関係のエラーの詳細な分析を提供。

DataProbe T30-T38