Reference Sites

標準規格サイト

ITUT T38

DataProbe T30

DataProbe T30-T38

V34対応Faxプロトコルアナライザー

其の他のT30/T38 Faxテスト製品

FaxLabの納品内容

・FaxLabソフトウェアDVD
・ChannelTrap Key DVD

・ ユーザスガイド

​・Emulation Reference Manual

・外付きユニットChannelTrap一台

 ケーブル一式

システム構成

・Windows 10/8.x/7

・PC with 2GHz CPU or higher

・1GB RAM or higher

・4GB Disk space

・CD-ROM or DVD drive

​​お問い合わせ

FaxLab 9.0

FaxLab特徴

FaxLabは統括的なファックス互換性試験装置です。V.34(V.Fast又はSuper G3)のシミュレーションが含まれています。主な機能は以下の通りです。

  • ファックス、複合機、ファックスモデム、PCファックスなど、200以上のエミュレーションが可能

  • Windows 10/8.x/7での動作が可能

  • T.38ゲートウェイなど通信ネットワークの端末間の自動試験が可能

  • V.34(Super G3)、MH、MR、MMR及びJBIGエンコーディングやカラー及びモノクロJPEG画像をサポートした新しいエミュレーション追加

  • 実際のマシーンと同様のトラフィック生成

  • 複数回線のファックストラフィック生成可能

  • 対抗機を購入せずに徹底した互換性試験が短時間で実現

  • サポート費用の削減

​主な擬似パラメータ

・DIS capability bits

・INFO0 capability bits

・Non-compliant DIS and DCS signal construction

・MPh capability bits

・Duration of inter-signal silent periods

・機種別のデフォルトテストコールを用意

・ECM 対応

・T.30勧告の画像解像度にフル対応 ・T.2 and T.4 タイムアウト

多様な実験結果レポート

• Call Map

• Originator Settings

• Answerer Capabilities

• Signal Flow Check

• Tonal Signal (Characteristics)

• Tonal Signal (T30 Analysis)

• Low Speed (Characteristics)

• Low Speed (Raw Data)

• Low Speed (Stuffed)

• Low Speed (Unstuffed)

• Low Speed (Decoded)

• Low Speed (T30 Analysis)

• TCF (Characteristics)

• TCF (Raw Data)

• TCF (T30 Analysis)

• High Speed Partial Page (Raw Data)

• High Speed Partial Page (Stuffed) • High Speed Partial Page (Unstuffed)

• High Speed Partial Page (HDLC)

• High Speed Data (Characteristics) • High Speed Data (T30 Analysis)

• Document (Raw Data)

• Document (Decoded)

• Document (Bitmap)

• Call Summary

• Call Configuration

• Call Statistics

• Call Memo

• Call Timeline

• Call List 

FaxLab製品概要

   相互交信性試験は、市場に新しいファックス装置や 技術を投入する前に欠かせない重要な工程です。過去 には、この試験を実行する唯一の方法は、多数のファ ックス装置を購入して、手動で何十もの装置と何百も の特性の組合せを検証することになっていました。 FaxLabは、この煩雑な過程を効率よく単純化しま す。FAX/MFPメーカー、ネットワーク装置プロバイ ダーやキャリヤーの御採用によって普及して来まし た。ターゲット機種の実動作を精密に再現するプロフ ァイル(機種別の疑似ソフトウェア)や包括的なテスト コールを用いて、FaxLabは市販されたファックス装 置の代わりに相互交信性実験に御利用頂けます。また 製品の開発時間を節約し、コストを下げ、市場へ製品 をより速く投入するのに貢献します。

 

FaxLab は、ChannelTrap(ファックストラフィッ クを送受信する外部ハードウェア)を使います。 ChannelTrapの追加によりFaxLabは最大32までの ファックスコールを同時に実行することができます。主な仕様は、

大量のファックス装置の実動作をパソコン上で再生する200台以上のV.17とV.34ファックス(複合機、ファクス モデム、PCベースのファックスソフトウェアを含め)

V.17対応: 2400 - 14,400 bpsサポート

V.34対応: 33,600bpsまでサポート MH/MR/MMR/JPEG(full color & grayscale)

T.85 bi-level JBIGエンコーディング

全画像エンコーディングし画像を表示

解像度は100x100 – 1200x1200 dpi対応

試験環境の柔軟な拡張性 ファックストラフィックを多チャンネルで生成

両端でのネットワーク試験(End-to-end)可能 エンドツーエンド機能は通信ネットワークのテストを 自動化し、T.38試験を容易にします。

発信又は着信の試験方式を選択可能

呼の進行状況のリアルタイムな表示

ファックス通信状況により成功/失敗自動判定

ITU-T T30規格に基づいて警告情報提供

MS Windowsサポート

V.17、V.33、V.29、V.27ter、V.8、V.34対応

ChannelTrap特徴

・呼の送受信(originate and answer)

・送受信条件を自由に設定可能

・TCP/IPにより遠隔操作

・IPネットワーク上で管理と測定

​・通信設定の可視化

ChannelTrap IVは最新モデムチップ(Conexant DFX336 V.34 and DFX214 V.17 modems)搭載、ノイズ・熱効果・シグナルひずみを大幅改善した製品。

FaxLab (V.34 super G3)